FC2ブログ
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
24
26
28
29
30
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「何故人を×してはいけないのか?」

これは子供が一度は疑問に思うことで、この質問は大人を非常に困らせます。私も最近中学生に聞かれたときは、一体どう答えれば納得してもらえるのか少し考えてこう答えました。

「別に×したかったら×せばいいんじゃない?けどわしやわしの周りの人に危害を加えるようなら、容赦なく報復をするんでそこんとこ夜路死苦☆」怖がらせないように笑顔で言ったのですが、その中学生が私に話しかけることは二度とありませんでした。

さて、ここで最初に戻り「何故人を×してはいけないのか?」という疑問を考える…前に「命」についてちょっとした私の考えを。

人を×してはいけないという疑問に答える方々の多くは「命は尊いものだ」と言います。なるほど、その通りです。ただ、一つ付け加えるなら「尊いのは自分の命」です。さらにこの際はっきり言いますと命に優先順位はあると思います。

これは「罪人は容赦なく死刑にしろ!!」というのでは無く、もっと身近なことです。例えばニュースでどこかの他人が殺人事件に巻き込まれても特に悲しくは無いでしょう。中には面白がる人もいますが、別に否定はしません。けど、これが身近な人だったら捉え方は全然違うと思います。さらに言うと親が子供を思う気持ち。自分の子供と赤の他人だったら、自分の子供を優先するのは当たり前です。というより「命は平等です」と言って、自分の子供と赤の他人の命を天秤にかける親は、正直言うとあまりお付き合いはしたくありません。

そしてこの優先順位、私の場合はまず自分の命です。とにかく迷ったら自分の命優先です。「私のために犠牲になった方々には後でちゃんとお墓を立てて供養しますね」と適当に自分に言い訳して、自分一人でも生き延びます。その次に母、大学時代の友人、仕事場での先輩、ご飯を奢ってくれた人たちetc…と続いていきます。こうすればもう迷うことは無いです。他人を救おうとして土壇場で我が身が可愛くなって引き戻して、結局どっちもおかしくなったなんてのは、もうまっぴらですからね。「死ぬのは嫌だけど、まああんたになら×されても文句は言えないんだからね///」リストの二番目に載っているあの子…あー、何を言っても言い訳になるから何も言えません。

まあ、だらだら私のゴミのような思想を垂れ流したので、最後は母の言葉で締めさせていただきます。

なんで人を×してはいけないかって?そんなふざけたことを聞いてきたアホにはこう言ってやりんさい。あんた何様だって。あんたは人の人生を一つ終わらせる権利があるほど偉いんかってね。神様でもなんでもないただのちっぽけな人間のくせに、何を勘違いしてんの?そんなに人を×したかったらどこかで自分の国でも作って、神様を気取っとき。まあ、神様なんて大抵はろくな最後を迎えんけどね

とりあえず今日はこの辺で。それではまた。
2009.09.27 Sun l 妄言 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。