FC2ブログ
10
1
3
4
5
7
8
9
10
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
26
27
28
29
30
31
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
真夜中に腕のしびれで目が覚めた。隣を見ると、女性が寝息を立てながら私の腕にしがみついている。寝顔を撫でた後に、腕をそっと振りほどきタバコとライターを持って外に出ようとした。

「どこに行くの」

気だるい声が聞こえてきた。起こしてしまったのかな。私は口をすぼめてため息をついた。

「煙草を吸いに」

出来るだけ感情をこめずに言った。後ろめたいことなど何も感じてないから。

「…そう」

そのまままた寝息が聞こえた。ベッドには律儀に私の分のスペースが空いていて、それを見たとたん胃の中に溶けた鉛が入ってくる気がした。気分が悪い。早く吐き出そう。

階段口で、煙と一緒に体の中の黒いものを吐きだしていく。体に残ったのはめんどくさいという気持ち。深入りする気もないしされても困る。ふと1年前のことを思い出した。抱き枕の代用品として過ごした日々。なんだ、あの頃とあんまり変わって無いな。違うのはセクサロイドとしての機能がついたこと。進化?変化?それとも退化?

女性の喘ぎ声ほど萎えるものは無いな。世の男性はこんなものを聞いて興奮するのか。実際私も練習したが確かに客に受けは良かった。バカじゃないかな…心の底ではあざけ嗤って、表面上は顔を歪めて。

少し昔のことを思い出してたらフィルターに火が届きそうだったので揉み消した。火の下を確認して部屋に戻った。

「おかえり」

また気だるそうな声が聞こえた。そばに近寄りそっと髪を撫でると薄目でも口元がほころんでいた。吐きだしたはずの黒いものがまた溜まってきた感覚がする。気持ち悪い。

「はい」

ただいまとは言わなかった。

「寂しいよ」

私は寂しくないよ。

「これからちょっとずつね」

これからはないよ。


「もう寝ましょう」

口元をふさぎ再び腕を貸した。少しの静寂の後聞こえる寝息が、また私の体に黒いものを溜める。吐きだそうと思い目を閉じたら少しだけ涙が出た。思いのほか心地よかった。

頭の中に白いヤギが浮かびあがり崖を飛び下りていった気がする。そのヤギがどうなったかは…思い出せない
2010.10.25 Mon l とある~ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。