FC2ブログ
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「今日は来ないかと思ったよ」

潤んだ瞳は、あくびのせいだと思いました。

「不安だったよ」

身体の震えは、寒いからだと思いました。

「お願い…」

肩ごしに感じる温もりは、寂しさからだと思いました。

「…」

無言の要求を口でふさぎました。



「男の子なんだから女モノ着ても似合わないよ」

あはは、その通りです。

「やっぱり男の子だよね」

うん、その通りです。

「浮気っぽいでしょ?」

イエス、その通りです。

「他に好きな人いるの?」

どうでしょうね。


帰り際に目を瞑って顔をこちらに近づけてきました。

僕は黙って鼻の頭に口をつけました。

「何それ~」

大人になったら意味を教えてあげますよ。

だからしばらく子供のままを楽しんでください。

それが僕からのわがままです。


さて、先に大人にならないといけないのはどっちでしょうか。

「君の方だよ」

あはは、そうでしょうね。

ひとりでに笑いがこみ上げてきて、タバコの煙でむせ返りました。

駅のホームでは僕の笑い声だけがやけに目立ちました。

2010.04.23 Fri l とある~ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

 

コメントの投稿












 

トラックバック

トラックバック URL
http://uodiru.blog115.fc2.com/tb.php/137-b9e01205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。